2018年2月21日水曜日

ゼミ研究報告会2017写真館【懇親会編】と、来年度のゼミ時間割発表!

2017.12.20ゼミ研究報告会懇親会にて。

 皆さんこんにちは。

 毎日寒いですね。楽しい春休みを過ごしていますか?
 風邪は引いていないですか?平昌オリンピックを楽しんでいますか?

 なんだかハテナばっかりになってしまいました、最近大学は人が少なくてさみしいです~。

*------*

 さて、今日は去年の12月に行った「ゼミ研究報告会」の懇親会の写真をアップします。だいぶ遅れてしまいましたね、すみません。

 それと同時に、最近ちょこちょこ問い合わせのある、2018年度の現代法学部「演習」時間割も発表します。

 例年、3月にならないと発表しないのですが、
 「大出さんに入りたかった・・・」
が何人かいて、なんだか可哀想になってきました。

「あと1年早く生まれていれば・・・」

 と、一昨日言われ、これは発表しておこう、と思いました。早めに発表するので、他の先生のゼミ所属をぜひ検討してくださいね。


そんな大出さんはというと・・・
現在研究室のお掃除の真っ最中です・・・
2018.1.10大出先生の退任記念講演会を、経済学部岡本先生が
開催してくださいました。

【過去のブログ記事へ】今年も無事終了!~現代法学部ゼミ研究報告会懇親会編+大学近況~


 ゼミを継続する4年生の学生さんたちは、担当教員から既に聞いているだろうと思います。基本的には「今年とあんまり変更なし」です。

 ただ、もしかしたら変更もありえるので、3月にTKUポータルで発表する一覧で、最終確認を忘れないようにしてください。

<一枚紙はこちら>
クリックすると拡大

「どうせなら少し情報を多く載せようか」
 と、急いで作ったのですが、あんまりうまく出来ませんでした。お暇なときに電車の中ででも見てみてください。↓↓↓

<少しおおめの情報はこちらから
 ↑をクリックし、右上のプレゼンテーションボタンで見ると多少見やすいです。
左上の<少しおおめの情報はこちらから>
をクリック


<演習概要はこちら>



ではどうぞ~
---------------------------------------------------------
今年の司会は藤原ゼミの濱田くん

今年の実行委員長は金崎ゼミの下地くん

学部長羽貝先生挨拶

今年は表彰形式ではなく、各部屋の担当教員が総評しました。
F307 中村先生

F308 永下先生

F309 久保先生
かんぱーい! 
今年も先生方がビールをカンパしてくださいました。

<集合写真>








「就職活動とゼミ」に協力してくれた4年生も
皆で情報交換していました。

「就職活動とゼミ」に協力してくれた小林君、
写真を全部撮ってくれて本当に助かった!
ありがとうございました。

------------------------------
いかがでしたか?
来年も多くの3年生がゼミに入ってたくさん勉強してほしいです。そこに来年から初めて4年生が加わるので、ますます現代法学部の「ゼミ」は活発になりますね。

ではまた次回!

2018年1月31日水曜日

【学問のミカタ】「犯罪」のイメージ ~平成29年度版犯罪白書より~

2018.1.22 大雪の日

みなさんこんにちは。

第2期の定期試験も無事に終わり、いよいよ春休みですね。
あっ…無事に…ではなかったか。

【外部ホームページへ】1月22日の関東の雪「典型的な南岸低気圧」低気圧の急発達と下層の冷気で大雪に(ウェザーニュース)

1月22日(月)のお昼頃から雪が降り始め、帰る頃には吹雪いていました。翌23日の定期試験初日は、交通機関への影響を考慮して試験開始を1時限分遅らせることになりました。


しかし学生の皆さんは元気で…


自分と同じ大きさの雪だるま作成中。いつから作っているのか聞いたところ「まだ30分位ですよ」とのこと。こんなに大きな雪だるまが作れるほどの雪は、東京ではそう降らないですもんね。帰る学生も皆で雪を投げあいながら帰っていました。



予報によるとまた今週も雪のマークが。恐いですね。皆さん気をつけましょう。
【外部ホームページへ】週後半の雪予想 降雪あり・なしで見解分かれる(ウェザーニュース)

東京の低温も珍しいですが、今日は更に珍しい天体ショーもあるようですね。
【外部ホームページへ】今夜は皆既月食 ハワイからの中継も(ウェザーニュース)


--------------------------------------

さて、今日は【学問のミカタ】。中村 悠人先生(刑法)が寄稿してくれました。

日々の事件・事故はニュースで知りますが、刑務所に入って服役している人がどのくらいいるのか、どんな罪が多いのか、なんて考えたこともありませんでした。今回中村先生はそのデータを示し説明してくださいました。

ではどうぞ~。


【学問のミカタ1月】


--------------------------------------
2017.12.20ゼミ研究報告会で質問する中村先生


「犯罪者」と聞くとどのようなイメージをもつだろうか。

凶悪な人間、歪んだ性格の人、常に人を陥れたり傷つけたりする人、そういうイメージであろうか。このブログを読んでいる方のなかには、「私は犯罪者になんかあったことないけど、きっと怖い人なんだろう。」と思った人もいるかもしれない。しかし、ちょっと考えてみると、このようなイメージは揺らいでくる。「犯罪者」というからには犯罪をした人だが、犯罪といえど多様なものがある。前述のイメージに合いそうなものでは、殺人罪や強盗罪、放火罪、強制性交等罪、あるいは詐欺罪等々であろうか。

もっとも、殺人といえども無差別や快楽での殺人もあれば、DVや虐待の末に耐えかねての殺人も、介護疲れによる殺人もあるだろう。詐欺といっても、振り込め詐欺の計画立案をして行ったものもいれば、割のいいアルバイト感覚で受け子(現金等の財物を受け取る役。学生がこの受け子をやる例も。)をする人もいるだろう。さらに、犯罪には、運転免許証を携帯しないで運転する罪や最高速度をこえる速度で車両を運転する罪、自動車等を運転中に携帯電話等で通話をする罪などもある。また、公私の儀式に対して悪戯などでこれを妨害した罪や虚構の犯罪又は災害の事実を公務員に申し出た罪のようなものもある。このような犯罪を行った人は、冒頭のイメージに合うだろうか。


ここで、刑務所にいく「犯罪者」は先のイメージ通りだろう、と考える人がいるかもしれない。実際に刑務所に収容される人(受刑者)は、どんな人であろうか。『平成29年版 犯罪白書』によると、平成28年末で受刑者は49,697人で、平成28年の入所受刑者は20,467人で戦後最少となっている。この入所受刑者のうち男女比は、男性18,462人、女性2,005人である。年齢層別構成比で見ると、


20歳未満
20~29
30~39
40~49
5064
65歳以上
男性
0.2%
14.3%
23.2%
27.1%
23.7%
11.6%
女性
0.1%
10.0%
21.2%
29.8%
20.8%
18.1%

となっている。

もう少し掘り下げてみよう。まず、年齢層に関しては、65歳以上の入所受刑者数が増えている。単純に10年前と20年前で比較してみると、受刑者の高齢化が見えてくる。

男性60~69
6569歳)
男性70歳以上
女性6069
65~69歳)
女性70歳以上
平成8
1165
333人)
150
62
22人)
12
平成18
2710
998人)
707
211
88人)
89
平成28
2307
1164人)
971
246
137人)
226

高齢の受刑者のなかには認知症が疑われる者もいて、来年度から8つの刑務所で受刑者に認知症検査を行う方針を法務省が発表している。高齢の受刑者には、介護が必要な者も多く、刑事施設で所定の作業を行わせるという内容の懲役刑を行うことが難しい状況の受刑者もいる。刑務所であれば衣食住が保障され、医療も受けられるとして、彼・彼女らにとっては刑務所が生きていくためのセーフティネットとして機能している側面もある。

---------------

 次に、罪名別でみてみよう。一番割合が高いのが窃盗罪(男性32.1%/女性45.4%)で、次に覚せい剤取締法違反の各種犯罪(男性26.2%/女性36.8%)、そして詐欺罪(男性10.2%/女性5.0%)、道路交通法違反の罪(男性4.9%/女性2.0%)と続いている。



窃盗
覚せい剤取締法
詐欺
道交法
全体
6837
33.4%
5580
27.3%
1980
9.7%
950
4.6%
男性
5926
32.1%
4842
26.2%
1880
10.2%
909
4.9%
女性
911
45.4%
738
36.8%
100
5.0%
41
2.0%

窃盗罪と覚せい剤取締法違反の各種犯罪で、半数以上が占められている(女性については8割を超える。)。その一方で、殺人や強盗、強制性交等(強姦)、放火については(それぞれ未遂等含む)、割合としては高くない。



殺人
強盗
強姦(強制性交等)
放火
全体
218
1.1%
414
2.0%
260
1.4%
154
0.8%
男性
180
1.0%)
406
2.2%
260
1.4%
134
0.7%
女性
38
1.9%
8
0.4%
20
1.0%

このように見てくると、皆さんのなかでも、冒頭のような「犯罪者」のイメージから少し変わってきたかもしれない。少なくとも、自分のイメージだけで考えては、見当違いなことになりかねないと思ってもらえたら幸いである。

今回は、ごく一部(のさわり)だけを扱った(詳しくは講義でも扱っていく)。興味を持った方は、一緒に学んでいきましょう。

-----------------------------------------
中村先生ありがとうございました。
いかがでしたか?
 興味を持った学生のみなさんは、来年度は中村先生の「刑法a/b」を履修してくださいね。ちなみに火曜2限です。

ではまた次回!

2018年1月10日水曜日

ゼミ研究報告会写真館2017

2017.12.20 大出ゼミ
みなさんこんにちは。あけましておめでとうございます。

 2018年が始まりましたね。今年はどんな年になるのでしょうか。

 現代法学部的には、今年創設「18年目」を迎えます20周年まであと2年。記念行事は前倒して、来年行う予定です。実行委員長は藤原先生です。

藤原先生と藤原ゼミ生


 先日、準備に向けて過去の資料を見ていたのですが、創設前から現在までいらっしゃる法律専門の先生は、加藤先生、藤原先生だけなんですね。創設時の2000年には、他大学教員や法律専門職の実務家、公務員・一般企業・研究機関などから多くの先生を迎えました。また、経済学部で法律科目を教えていた先生方(島田先生や礒野先生)が、現代法学部に移られました。そんなことが詳しく書かれているのはこちら。
【大学ホームページへ】現代法学部開設10周年

---------------
 
 10周年が過ぎた後ぐらいから、この10年間の教育の検証が行われ、更なる現代のニーズにマッチした「法教育」を目指し「カリキュラム改革」が行われました。現法さんは途中から入ったので、最初はチンプンカンプンで、それなのに調べ物が多すぎるし、「こう良くしたい!」「いや、こうだ!」と、教授会は毎回紛糾するし、意見が合わないと「だったら投票」と突如投票が始まるし(さすが法学部と思いましたが)、本当に思い出したくないくらい大変でした。そして2015年度から新カリキュラムがスタートしました。

【過去のブログ記事へ】法社会における人材育成~現代法学部15年目の改革~
【過去のブログ記事へ】2015年4月入学生からの新カリキュラムについて~上級生の皆さんにも説明します~

【大学ホームページへ】最新の「現代法学部」パンフレットはこちら

-----------------

 2018年度は2015年度に入学した学生の皆さんが4年生になります。もう4年生になるんだなぁ、と、感慨深いです。
 2015年カリキュラムから、「演習(ゼミ)」が3・4年次となり(2014年度以前は2・3年次だった)、原則として2年連続で同じゼミを受講します。

 過渡期のためゼミ所属が1学年だけの年は今年度が最後です。現在ゼミに所属している3年生が昨年12月20日(水)に「ゼミ研究報告会」を行いました。



 なんだか前置きが長くなってしまいましたが、2017年度「ゼミ研究報告会」の様子をアップするにあたり、「今年のゼミ生は3年生だけであること」が言いたかったのです。

ではどうぞ~。

(タイムテーブルと各ゼミの紹介です。)

---------------------------------------

F307


1.羽貝 正美ゼミ① 「美瑛町の発展と農業」

 美瑛町は、写真家の前田真三氏やApple 社の壁紙起用により美しい景観のある街として有名になりましたが、それはもともと美瑛の基幹産業である農業からつくられた景観であり、農業は美瑛町の今後の発展にも大きく関わっています。そうした美瑛町の農業について、その歴史や今後の課題について考察したことを発表します。




2.羽貝 正美ゼミ② 「観光から見る美瑛町」

 観光業を町の基幹産業としている美瑛町は、どのようなプロセスを経て観光地となってきたのか。また観光地化したことが、同町のまちづくりにどのような影響を与えているのか。現況や現在の課題とともに、今後いかなる課題が生じると予想されるか、実際に現地を訪ね、またそこで経験したことも手がかりに考察したことを発表します。





3.金﨑 剛志ゼミ 「日光太郎杉事件」
  昭和48年、樹齢500年を超える‟太郎杉“をはじめとした周辺の杉の木と道路の拡張を巡って、国と私人が衝突した。「公益」のために「自然」を捨てるのか、またはその逆か・・・。この判決とともに、私達がゼミ合宿で見た実際を材料に、この判決の妥当性について考察したいと思います。見ている皆様にもいっしょに考えて頂けると幸いです!





4.西下 彰俊ゼミ① 短期研修ゼミ合宿(韓国)」
 8/299/3、韓国へ短期研修ゼミ旅行に行きました。研修内容についてグループでまとめたパワーポイントを使用して発表させて頂きます。






5.久保 健助ゼミ②
 ①「パートナーシップ制度」に関する諸問題
   よくわかる「パートナーシップ制度」―渋谷区・世田谷区を見て
 ② 「障がい者と参政権に関する諸問題」
   政見放送に見る情報格差―手話通訳を例に
 ③ 「シングルマザー世帯への公的支援」
   シングルマザーの現状と公的支援制度について





6.永下 泰之ゼミ② 「生命保険金は相続にあたいするのか」
父親の生命保険金を放棄した場合、その分の保険金を放棄しなかった兄弟に渡るのか。それとも相続とは別物のため放棄した分までは受け取れないのか検討しました。




F308


1.久保 健助ゼミ①
「教育無償化問題と平等」
教育の機会均等はどこまで実現されるべきか
「朝鮮学校無償化訴訟」
朝鮮学校無償化訴訟を通じて在日外国人の人権を考える
「集会の自由の保障範囲」
集会の自由とは何だろうー学説・判例に関する考察





2.野村 武司ゼミ 「子どもに優しいまちと自治体の法政策」

地方自治体、とりわけ、市町村は、子どもに関する施策を多く行っています。近年では、学校教育の他、幼児教育・保育、子育て、若者施策として推進されています。当演習では、いじめ、待機児童、子どもの貧困をテーマとして取り上げており、当日の報告では、いずれかのテーマに絞って、それぞれのテーマの社会的背景や現状、そして自治体法政策の役割と関わりについて報告します。




3.橋爪 幸代ゼミ① 「イクボスWeek」

みなさんは「イクボス」という言葉を知っていますか?私たちは、この「イクボス」を大企業、中小企業、全ての企業で生み出すことができるような政策を提案し、働き方改革を目指します。






4.村本 武志ゼミ②
 国分寺市による公権力の行使が違法とされた事例」

原告がパチンコ店を出店する準備を進めていたところ、被告が条例を改正したため、出店が不可能になったことについて、原告が被告に対し、損害の賠償を求める事案である。




5.藤原 修ゼミ②

原爆被害者」
戦後初期の被爆者手記から見る原爆被災の実態。
アイヒマン裁判」
元ナチ将校アイヒマンを裁いたイスラエルの法廷についてのハンナ・アレントの傍聴記を読み解く。悪の凡庸さ。
動物行動と平和」
 攻撃衝動を抑制する動物世界のメカニズムを解明する。




西下 彰俊ゼミ② 東日本大震災被災地ボランティア」

我々、現代法学部 西下ゼミが今年度行った東日本大震災被災地復興支援ボランティアの成果報告をします。





F309


1.藤原 修ゼミ①

「原爆被害者」
戦後初期の被爆者手記から見る原爆被災の実態。
「アイヒマン裁判」
元ナチ将校アイヒマンを裁いたイスラエルの法廷についてのハンナ・アレントの傍聴記を読み解く。悪の凡庸さ。
「動物行動と平和」
攻撃衝動を抑制する動物世界のメカニズムを解明する。






2.村本 武志ゼミ① 芸能事務所との契約」
芸能事務所とタレントのマネジメント契約について説明し、タレントのローラさんに焦点を当て、事案を考えていく。




3.永下 泰之ゼミ① 未成年者の監督義務」
 未成年者の行為について、監督義務者の責任はどうなるのか。具体的な例にあてはめて検討する。




4.片岡 直樹ゼミ 
変わるおからの価値観~おからの有効利用~」

「おから」とは、豆腐を作る際に生まれる豆乳を絞ったもので、日本でもおかずとして食べられています。しかし、おからの処理を問題とした、おから事件では最高裁の判決でおからは「廃棄物」であると判断されました。このように廃棄物とされるおからを有効利用する方法はないか、調べました。




5.橋爪 幸代ゼミ② 1 人親家族支援」
・現在市町村にはたくさんの空き家があり問題となっています。その空き家を活用した1人親家庭の支援を提案します。
みんながスマホを持っている時代、アプリを活用した、1人親家庭の支援のかたちを提案します。





6.大出 良知ゼミ 狭山事件の現在」

 いわゆる狭山事件(強盗強姦殺人)は、刑が確定し、服役も事実上終えているものの、相変わらず、無罪を主張する再審請求が行われている。そこであらためて、可能な範囲で、有罪判決に提出されている疑問に迫ってみることにした。




-----------------------------------

就職活動とゼミ

○一般企業








○公務員





----------------------------------
いかがでしたか?

 来年度は、今年発表した3年生が再度発表するのか、新3年生が発表するのか、3・4年生が1ゼミずつ発表するのか、ゼミによって違うと思いますが、更なる進化が期待できそうですね。楽しみです。
ではまた次回!
(懇親会編)